あなたの見つけたクールジャパンのストーリーを上手にまとめて応募しよう!

作品ご応募の前に
事前エントリーが必要です。

作品応募に先立って、期日までに必ず事前エントリーをしてください。

ご要望が多数につき、エントリーの締切を
1月31日(木)まで延長しました。
※但し、作品提出の締切は当初予定どおり、
2月12日(火)で変更はありませんのでご注意ください!

事前エントリー締切 2019年1/31(木)まで 提出物締切2019年2/12(火)まで 事前エントリー締切 2019年1/31(木)まで 提出物締切2019年2/12(火)まで

参加条件

・日本国内にお住まいの高校生等(※)を対象とする
※高校生、中等教育学校生(後期課程)、高等専門学校生(3年まで)、高等専修学校生
・個人、またはチームでの応募はいずれも可
・事務局との連絡・調整等のために指導教員(またはそれに相当する大人)の協力を得られることが必要

募集課題

・地域の様々なものが既に持っている魅力に気づき、世界の人々に対して、彼らが共感するような魅力あるストーリーを作成・ 発信すること。
※発信する地域の魅力は一つには限らなくてよい
※すべての人が共感するものではなくてよい
※フィールドワーク(関係者への取材、現地調査など)を必須とする。
※日本人だけが良いと思う魅力ではなく、世界の人々が良いと思う魅力を発見するために、外国人への取材等を行うことを基本とするが、取材が困難な場合は、関連文献やWEB等で得られた情報のみを参考とすることも可とする。

提出物

・A4用紙3枚以上 枚数制限なし
※表現方法や、写真・イラストの使用は自由です。

評価基準・観点

① 着眼点 発信するクールジャパン資源(一つには限らない)について、どのようにしてその魅力に気付いたか
② 世界の人々の
視点
発信するクールジャパン資源の魅力の本質について分析されており、世界の人々はその魅力に共感できるか
③ ストーリーの
魅力
発信の対象とする国や地域を意識した魅力的なストーリーとなっており、世界の人々に伝わりやすいものとなっているか
④ ストーリー化の
プロセス
発信するクールジャパン資源に気づいたところから、どのような手順を踏んでストーリー化したか

審査手順

・予備審査:事務局による書類審査
・審査会:審査委員6名(予定)による審査会で上位3作品選定
・最終審査:最優秀作品1点、優秀作品2点を決定

表彰等

・上位3賞は、平成30年度クールジャパン官民連携プラットフォーム総会において表彰を行います。また、受賞者には、同総会で受賞作品の発表をしていただきます。

【表彰式を開催します】
・日程:2019年3月中旬を予定
・対象:3賞(最優秀賞1、優秀賞2)受賞者
※受賞作品は、関連イベントでの紹介や、内閣府「クールジャパン戦略」HPに掲載を予定しています。
<詳細は決定次第、当ホームページに掲載>

※ご自身以外の写真を応募いただく際は、必ず被写体となっている方の了承をいただきますようお願いします。クールジャパン官民連携プラットフォーム及び事務局は、肖像権その他に関するトラブルに関して、一切の責任を負いません。
※応募作品の著作権は著作者に帰属します。ただし、クールジャパン官民連携プラットフォーム及び事務局は、広報、PR活動、印刷物、WEBサイト、展示物などに応募作品や写真などを無償で使用できることとし、応募者はこれを承諾するものとします。

クールジャパン戦略とは

「クールジャパン戦略」は、世界が良いと思う日本の魅力を分析・発見し、効果的に発信・展開していくことで、日本の文化や生活について、世界からの共感を広げ、日本の経済成長に繋げていく戦略です。
日本の魅力を効果的に発信・展開し、世界からの共感を広げていくに当たっては、世界の人々にとって魅力的なストーリーで発信することにより、世界の人々にとってのクールジャパン資源の価値を高めていくことが重要であると考えます。

内閣府の参考HP https://www.cao.go.jp/cool_japan/index.html

当コンテストについてのQ & A

各ボタンをクリックすると該当するQ & Aが表示されます。

エントリーについて
悩む生徒

Question応募対象はだれですか?

答える先生

AnswerAnswer日本国内にお住まいの、高校生等(高校生、中等教育学校生(後期課程)、高等専門学校生(3年まで)、高等専修学校生)であれば、どなたでも応募頂くことが可能です。

悩む生徒

Question間違えた情報をエントリーフォームに記入してしまいました。後から修正することは可能ですか?

答える先生

AnswerAnswerエントリー頂いた内容を編集することはできません。修正等がある場合は、事務局までメール(cjstory@tourism.jp)にて修正点をお知らせください。

悩む生徒

Questionどういった大人の方のサポートが必要でしょうか?

答える先生

AnswerAnswer事務局との連絡・調整をサポートして下さる成人の方であればどなたでも構いません。通われる高校等の先生や、ご家族などです。

悩む生徒

Questionひとりでも応募することは可能ですか?また、後から人数が増減しても構いませんか?

答える先生

AnswerAnswer応募の人数に制限は設けていませんので、ひとりでの応募でも可能ですが、ひとりであってもかならず指導教員(またはそれに相当する大人)のサポートを受けて下さい。エントリー後の人数の増減は問題ありません。変更があった場合、作品の応募までに最終的な人数をお知らせください。

応募について
悩む生徒

Question応募作品の作成にパソコン等の使用は可能ですか?手書きの方がいいですか?

答える先生

AnswerAnswerパソコン等を使用しても、手書きで作成頂いても大丈夫です。いずれで作成しても審査結果には影響しません。

悩む生徒

Question「地域」とは、自分の住んでいる「地域」でしょうか?

答える先生

AnswerAnswerここでいう「地域」とは、ご自分のお住まいの地域はもちろんのこと、昔住んでいた地域、毎年遊びに行く自分の大好きな「地域」等々、各々のゆかりがある地域を選んで頂いて結構です。また、もちろん都市、地方を問いません。

悩む生徒

Question手書きの場合、郵送で送らないといけませんか?

答える先生

AnswerAnswerスキャンデータをメールで送って頂いても構いません。その場合、PDF形式で、ある程度画質が高い(概ね300dpi以上)方がお勧めです。

悩む生徒

Question提出した作品を差し替えることはできますか?

答える先生

AnswerAnswer応募締切日(2019年2月12日(火))までであれば差し替えは可能です。応募締切日を過ぎての差し替えは認められません。

悩む生徒

Question応募作品は返却して貰えますか?

答える先生

AnswerAnswer応募作品はお返しできませんので、紙で提出される場合はコピーを取るのをお忘れなく。

悩む生徒

Questionインターネットで見つけた写真を使ってもいいですか?

答える先生

AnswerAnswerできるだけご自分で撮られた写真、ご自分で描かれた図表、著作権フリーの素材を使用されることをお勧めします。インターネット等の図表等の情報を使用される際には、著作権者の許諾を得るか、又は「引用」として使用することは可能ですが、その際には出典を必ず明記して下さい。

※インターネット上の写真などを無許可で利用する場合、著作権法上の「引用」だと言える場合を除き、著作権侵害が成立するおそれがあります。「引用」だと言えるためには、少なくとも出典を明示することが必要ですが、出典を明示しても、
①報道・研究等の引用の目的の範囲外の利用だと判断されたり、
②公正な慣行に合致しないと判断されると、「引用」だと言えないと判断される場合もあります。
※ 出典の記載がなく使用しているもの、他者の著作権を侵害しているものは盗用とみなし、規約違反として応募を取り消させて頂く場合がありますのでご注意ください。
※ 図表等の著作権を侵害していないかどうか(「引用」と言えるかの)判断が難しい場合は、ご自分で撮られた写真、ご自分で描かれた図表、著作権フリーの素材をお使いください。

悩む生徒

Question必須とされている「フィールドワーク」とは何ですか?

答える先生

AnswerAnswerフィールドワークとは、実際に現地を訪れての調査や、調査したいことについての関係者から聞き取りを行うことなどです。本コンテストの場合は地域の魅力に関係する場所に実際に訪れること、その魅力について詳しい人にお話を伺うこと、気づいた魅力を世界の人々がどう感じるか外国の方にお話を伺うことなどが考えられますが、フィールドワークの内容について指定はありません。

表彰式について
悩む生徒

Question最優秀賞、優秀賞の受賞者は3月の表彰式に招待されるのでしょうか?

答える先生

AnswerAnswer各チーム最大3名(教員等含む)までをご招待いたします。ご自宅から会場までの往復交通費は支給いたします。

悩む生徒

Question表彰式の会場はどこですか?

答える先生

AnswerAnswer東京都内を予定しています。3月の表彰式の日程や会場等の詳細については、エントリーされた方に改めてお知らせします。

その他
悩む生徒

Questionクールジャパンとは何ですか?

答える先生

AnswerAnswerクールジャパンとは、世界の人々がよいと思う日本の魅力です。地域にある様々なものは、日本人にとっては当たり前になってしまっていても、世界の人々にとっては魅力的なもの(=クールジャパン資源)がたくさんあります。そういったものに気付き、世界の人々にその魅力を伝えるストーリーとして発信することが本コンテストのテーマです。

悩む生徒

Question主催者の「クールジャパン官民連携プラットフォーム」とは何ですか?

答える先生

AnswerAnswerクールジャパン官民連携プラットフォームとは、クールジャパン戦略の一層の推進を図るため、官民・業種の垣根を越えた連携を促進し、情報共有やビジネス・プロジェクト組成の後押しを目的とするものです。内閣府知的財産戦略推進事務局クールジャパン担当が事務局を務めています。詳細はhttps://www.cao.go.jp/cool_japan/platform/platform.htmlをご覧ください。